忍者ブログ   
admin
  リウマチになったせいん・・・
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
1月11日(月・祝)
AM9:00 大さじ1ほど嘔吐。
食欲なし
AM10:00 制吐剤・イムノPRO投薬
AM10:30 嘔吐 イムノPRO・ササミ?出す。
ササミは昨日の朝から食べてないはず・・・
連続の嘔吐は巨大食道症か?
でも、巨大食道症のお友達ワンの時の吐き方とは違うし・・・
AM10:45 他の子で貰っていた粘膜保護剤5ccを飲ませる。
AM10:50 抗生剤・消炎剤 投薬
AM12:20 嘔吐  ベージュ色・・・ピンクの透明粘液も(粘膜保護剤と血が混ざった色かも?)
AM15:00 水を飲む
AM15:10 嘔吐 ササミの様な粒粒の繊維質
AM17:45 水を飲む
AM17:50 嘔吐
今日は祝日で午後は休診日だ・・・
緊急連絡先に電話したら、R先生が出てくれた。
粘膜保護剤を飲ませ、30分後に薬を飲ませる様にと指示される。
無理そうなら今晩は飲ませなくても良い。何も食べないのも良くないので、1/4くらいを食べられたらたべさせてとの事。
AM18:30 粘膜保護剤飲ませる
AM19:05 制吐剤・イムノPRO飲ませる。直後に嘔吐。
やはり飲ませない方が良かったかも?
これだけ吐いてるのに不思議と表情が悪くないし、反応も良い。
トイレに連れて行き、しばらくするとゴロンとしてしまうけど私が近付くと自力で起きて抱っこして貰う体制をとる。
明日は仕事休んで(マズイけど)朝から病院に行き、静脈点滴して貰うか?
吐くので、飲ませても意味がない。注射と点滴で薬も入れて貰おう。


1月12日(火曜)
朝 大さじ2くらい嘔吐  胃液と血液?
粘膜保護剤5cc飲ませる。直後に血と一緒に嘔吐
下痢 ペースト状・・・下痢は4日ぶりくらい?

朝から病院へ
体重3.9キロ
レントゲン・・・再び覚悟か
心配していた
・巨大食道症
・肺炎
・胃穿孔・腸穿孔
全てクリア。
やはり胃と腸にガスが溜まっている状態。
静脈点滴をして胃腸を動かす様にする。
夜の診療時間ギリギリまで静脈点滴をし、良好であればお迎え、不良であれば入院。
若干、ほんとに少しだけ以前のレントゲン写真より心臓が肥大しているように見えるが心雑音もないし、これなら投薬などしなくてまだ大丈夫との事。

夜病院へ
病院では嘔吐・下痢は無し。入院しなくて良いみたい。
食事は自力では食べないが、口に入れると飲み込むとの事
このまま安定したら木曜日に診察でチェック。
脱水が心配なら静脈点滴に来る様にとの事。
管は入ったまま残しているのですぐに出来る。


1月13日(水曜)
AM1:30 下痢 ペースト状
AM6:00 水下痢
嘔吐はないが、粘液性のヨダレが出る。
投薬は時間を置きながら順番に飲ませる事にした。
午前中はおとやんが休みの日なのでおとやんに託す。
乳酸菌 → イムノPRO → 消化器薬 → 抗生剤 → 消炎剤(AM9:30)
嘔吐なし
AM10:30頃 水下痢をオナラと共に飛び出す感じで出した。

日中、お腹が痛いのか?波がやってくるみたい。

PM17:00 ササミとりレバー缶1/4を水で流動食をを作り与える。
嘔吐なし

PM18:30 順番に投薬
乳酸菌 → イムノPRO → 消化器薬 → 抗生剤(PM20:30)

PM21:00 水を良く飲むので吐かないか心配になる・・・
吐かないので薬が効いてきてるのか?


1月14日(木曜)
AM5:30 下痢 水&ペースト状
シリンジでペースト状にしたフードを30ccを与える(強制給餌)
消化器薬 → イムノPRO → 抗生剤 → 消炎剤(AM7:40)
嘔吐なし 粘液性のヨダレが出る。
食後や投薬後に出るようだ。
寝ている時は出てない。

PM15:20 下痢 水&ペースト状

夕方病院へ
病院で皮下点滴、触診でお腹が痛そうとの事。
改善されないので、ステロイドを明日から復活。(朝に消炎剤を飲ませたので)
IBDの可能性?もあるのでステロイド量も1錠に増やす。

嘔吐なし。

夜 腎サポ缶 1/5 強制給餌
消化器薬 → イムノPRO → 抗生剤投薬


1月15日(金曜)
AM0:30 下痢 水&ペースト状(前回から9時間ぶり)
AM5:30 下痢 水&ペースト状(前回から5時間)

消化器薬 → イムノPRO → ステロイド → 抗生剤
ステロイドで改善してくれ!!お願い

昼過ぎ仕事から帰宅
嘔吐・下痢してなかった ホッ
腎サポ缶1/5 強制給餌

PM19:00 腎サポ缶1/5 強制給餌
この時間まで嘔吐・下痢なし
このまま落ち着いてくれないかなぁ・・・
イムノPRO → 消化器薬 → 抗生剤(PM21:00)

AM22:40 腎サポ缶1/5 強制給餌
AM23:10 さっき食べた分を嘔吐
AM23:20 下痢 水&ペースト状(前回から18時間ぶり)
ステロイドでも効かないの?ダメなの?
もっと他の病気?


1月16日(土曜)
朝 スペシフィックウェット 1/3量 強制給餌
追加で食べさせたらその分を嘔吐
AM7:40 下痢 水&ペースト状(前回から8時間)

静脈点滴をして貰いに朝一で病院へ
体重3.9キロ 体温平熱
体重はもっと減ってると思ったけど、何とか維持できてて良かった。
肺・心音問題なし(H先生)
呼吸の音も綺麗で心音もリズム良く大丈夫との事
静脈点滴で頑張れせいん!!

診療時間ギリギリにお迎え。
少しでも元気になってくれればと思ったけど、R先生が状態は変わらないと・・・
ウェットフードを口の奥に入れると飲み込んでくれる。
ドライを食べさせたら吐いたとの事。
病院での下痢はなし。
薬は家にあるものを飲みきりで、ステロイドを1/2錠を明日から4日間。
敢えてステロイドのみにする。
皮下点滴もして貰い帰宅。
帰宅後は疲れたのか?良く寝てる。
少量でも栄養を捕れる様に高栄養ミルク・消化器用の缶詰(i/dLow Fat)を買い、犬用ポカリは試供品を貰った。
写真はスペシフィック(消化器用) ヒルズi/dLow Fat 高栄養ミルク



PM22:00 スペシフィック1/3に高栄養ミルクを混ぜて食べさせる 強制給餌
高栄養ミルクを水で溶いてシリンジで飲ませる。
元気はあまりない・・・
消化器薬 → イムノPRO → 抗生剤(PM22:30)
PM22:40 下痢 ペースト状(ウェットフードくらいの固さ、前回から15時間)


1月17日(日曜)
13歳9ヶ月~
イムノPRO → 抗生剤 → ステロイド(AM7:15)
元気はない・・・

ちっこはこの状態でもトイレに連れていくと自立でできる。
色が濃いのは点滴の時のビタミン剤か?

AM7:20 下痢無し
AM9:30 スペシフィック 1/4 に高栄養ミルクを混ぜ、強制給餌
完食 高栄養ミルク6cc飲ませる
嫌がるけど完食。少しだけ反応も良くなってる?頑張れせいん!!

AM9:54 うんP 超軟便だけど形が出来てきた!!!(前回から11時間)
このまま良くなるのを期待!!頑張れ!!
やはり、うんPの時にヨダレが出る・・・
思わずうんPの写真を撮り、仕事中のおとやんにメールで送った!
厳しくなってきたなぁと思っていたので、一筋の光が見えた様で嬉しかった。

PM13:30 スペシフィック1/4に高栄養ミルク 6ccのミルク 強制給餌
PM17:00 スペシフィック1/4に高栄養ミルク 6ccのミルク 強制給餌
食後にヨダレが必ず出る・・・
胃がムカムカするのか?少し経つと落ち着いて良く寝る。
呼吸数も13回/30秒でいつも通り。
お腹の音はギュルギュルしてるが、耳をお腹に付けないと聞こえないくらい。
肺の音も悪くない。
気持ち悪いのが無くなれば、元気が出てきそうなんだけど・・・
頑張れ!せいん!

PM18:00 下痢 水&ペースト(前回から8時間)
ショック・・・元に戻ってしまった。
一筋の光は無くなってしまったのか?
夜はイムノPROだけ飲ませて食事は食べさせない様にした。

体温が低く感じた。
PM20:10 体温37.6 低くなってきた・・・カイロで温める
PM21:00 体温37.9 呼吸数12回/30秒
PM22:00 体温37.9 呼吸数13回/30秒
体温が下がるのはママのかりんの最後の方の時だった・・・
やはり厳しいのだと思い始めた。
でも、やっぱりさよならを受け入れられず、頑張れと何度もせいんに言った。
かりんにも『かりんちゃんお願い、まだせいんを連れて行かないで、もう少し一緒にいさせて』とお願いし始める。
せいんを抱っこして、せいんを立て抱きにして目の前に顔を持ってきて『せいん、もう限界?もう無理?』と聞いた。
せいんはいつもの様にキョトンとした顔で私を見る。
苦しい時間は長くしたくない。・・・でもまだ一緒に居たい。
何とかならないか?


1月18日(月曜)
AM2:10 下痢 ペースト状(ウェットの固さくらい、前回から8時間)
前日の18:00の下痢よりは良い感じ、水っぽい部分はない。
吐き気みたいのはあるけど、嘔吐なし。
AM2:30 下痢 ペースト状
さっき出しきれなかった分が出た感じ。
こんな状態でもトイレに行きたいと吠えて教えてくれる。
まだ諦めないで良いの?
元気な時の様にグルルゥ~って教えてくれるんだよ。
何とか下痢が止まってくれないか?
朝はイムノPROを飲ませずにステロイドだけにしてみようか?
『オレもう無理だよ』なら何か合図をして欲しい・・・
まだ一緒に居たい・・・


AM6:20 ちっこでトイレへ 大さじ1くらいのペースト状うんPも出る
AM6:30 ステロイド投薬
なんとなく反応が良い気がする。良く顔を上げて皆の動きをチェックしてるよ。
AM6:40 体温38.4 良かった。平熱に戻った。

出勤時に『仕事だから絶対に待っててね』と声をかける。
かりんの時にも毎日言いながら出勤した。
やはり、この子達をしっかり看てあげるには、今の仕事(パート)時間を変えないと無理だと思った。
仕事を変える事を真剣に考えよう。

PM12:30 帰宅 嘔吐・下痢無し
PM13:20 スペシフィック1/4 強制給餌
PM13:50 下痢 ペースト状 量は多くない  ビオフェルミン投与
PM14:50 下痢 ペースト状 血も混じる。

病院へ
ヨダレが出るのは胃がムカムカするからじゃないか?と言って、薬の追加をする事に
今までは胃腸の状態を改善する治療だけど、胃酸を抑えるのは逆の治療になるとの事。
胃酸分泌抑制剤・胃粘膜保護剤を投与する事に。
痛みもあるので、麻薬パッチを貼ってくれた。
麻薬パッチはかりんの膵炎で貼っていた痛み止め。
効き目がピークになるのに少し時間がかかります。
どうか痛みが取れます様に・・・

皮下点滴して帰宅。

PM17:40 下痢 形になっているのとペースト状
PM18:00 スペシフィック1/4 水 ミルクを流動食にして強制給餌
PM22:00 スペシフィック1/4 水 ミルクを流動食にして強制給餌
胃酸分泌抑制剤投与。

AM23:00 水下痢・・・


1月19日(火曜)
AM2:30 水下痢
AM6:27 ステロイド・胃酸分泌抑制剤・ポカリ
AM6:30 水下痢
だいぶ弱ってるなぁ・・・もう時間がないのか?
もう少し一緒に居たいんだけど、厳しい?せいん・・・
何となく、抱っこした時のせいんの体の肉の触り心地がかりんの最期の時と感触が同じになった様に感じる・・・
言葉では説明ができない感触・・・
AM7:04 粘膜保護剤

私より少しだけ早く出勤するおとやんに、『おとやんが帰るまで待っててくれないかもよ。ちゃんと行くよって挨拶した方がいいよ』と言った。
『待っててくれないと困るよ。今日だけじゃなくずっと』とせいんに言って出勤した。
私も『お仕事行ってくるから絶対に待っててね』と言って後ろ髪引かれながら出勤。

ネットで色々見ていて、ビオフェルミンをエビオスに変えたら下痢が治ったと書いてあるのを見つけたので、そんな状態ではないと思いつつ帰りに買って帰る。
まだ諦めきれない・・・
約束通り待っててくれた。
PM12:40 水下痢 垂れ流しになってきたな・・・(涙)
PM12:45 犬用ポカリ15cc エビオス2錠
PM13:20 高栄養ミルク30cc ポカリ20cc
PM13:30 粘膜保護剤 4cc
何とか奇跡がおきて良い方向に向かって欲しい・・・
PM14:45 水下痢(血が混じる)
寝不足もあるので、せいんをホットカーペットに移動させ、私も隣でせいんの手や足を握りながら仮眠。
かなり落ち着いて寝てくれてる。

夕方私は起きて夕飯の準備と他の2ワンのご飯の準備。
PM20:00 せいんの吠える声!だいぶかすれて精一杯吠えて教えてくれた。
急いで行ってトイレに行かせる。
痛みが酷いのか?ハゥハゥハゥと鳴きながら下痢を出す。
可哀相で支えながら涙が出て止まらない・・・
『そんなに痛い?そんなに辛い?ごめん、せいん』
せいんはリウマチの診断が出る前の激痛の時期、痛みに耐えてる時も一度も鳴かなかったの。
前足の処置で無麻酔で3針縫っても我慢する子なの。
そのせいんがこんなに痛そうに鳴くなんて、どんな痛みなのか???
もう診療時間は終わってるけど、病院に連絡。
留守電入れようとした瞬間、R先生が電話に出てくれた。
PM20:30過ぎ 病院へ
肺・心臓のリズムもよし、呼吸も良好。
体温が低い36.7 
触診でお腹が痛そう。ガスも溜まってる。
痛みをとにかく取ってあげたいですねとの事で
麻薬パッチは効いてきてる頃だけど鎮静剤と血下痢なので止血剤の注射。
鎮静剤の注射は約12時間効くとの事。
それ以外に飲む用に鎮静剤をシリンジに入れて渡してくれた。
最低でも4時間は間隔を開けて欲しいとの指示。
ポカリを温めて飲ませる様に。
帰宅後、穏やかに寝た。
私も気絶してた。
ふと目が覚めるとおとやんが帰宅していてせいんを見てる。
時間を見るとPM23:30
おとやんの帰りを待っていたかのように起きて吠えた。
すぐにトイレへ・・・
鎮静剤が効いてるはずなのに激痛の様でハゥバゥハゥと辛そうに鳴きながら血が混じった下痢。
鎮静剤の注射が2時間半しか効かなかった。
麻薬パッチもピークの頃、鎮静剤もしたのに何でこの激痛?
その後は激痛との闘い。
せいんのお尻にトイレシートをあてて、毛布に包みずっと抱っこをしてソファで横になった。
痛みで泣き叫ぶせいんに
『ごめん、これ以上痛みを取ってあげられないの。本当にごめん』と何度も繰り返しながらせいんの体をさすり、何度も何度も泣きながら謝った。
『10年近くもずっとリウマチと上手に付き合っていっぱい、いっぱい、いっぱい頑張ったせいんに何で最期にこんな激痛を与えるの?』と思い、神様なんて居ないと思った。
『安楽死』という選択肢が頭をよぎる。
これほどの痛みが続くなら、いっそ安楽死の方が・・・・
ずっと私のお腹に乗せて抱きしめ、せいんをさする事しかできない自分。無力を思い知らされた。
私はお世話係してきたけど、こんなにも無力なんだと・・・
朝になるまでの記憶がない・・・途中から少しだけ穏やかになった様なきがするけど・・・
覚悟をして、休日のおとやんにせいんを託す。
休診日だけど、病院に連絡して聴いてほしい事をメモにする。
・もう助かる見込みはないのか?
・この痛みはどうにかして取ってあげる事はできないのか?
・助かる見込みがあるなら、今更ながら内視鏡検査する事はできるか?
など・・・
朝、落ち着いてるせいんに『仕事行くね、待っててね』と言いながら撫でる。
脳裏で夕べの激痛があるなら私を待っていてくれなくても良いと思ってた。
これで命のあるせいんとは最期かもと・・・

仕事中も気になるけど、逆にミスをしない様に集中しようと努力した。
時間を何度も見てしまう。
11時過ぎた頃、せいんの激痛の鳴き声が頭に響いた。
そして、闘病中のせいんの匂いがした。
嫌な予感・・・
やっと時間が来て、急いで着替えて外に出てメールを見る。
残念なお知らせのメールがおとやんから入ってた・・・
不思議と涙が出ない。
茫然としながら自転車で家に帰る。
リビングに入り、横たわったせいんを見てやっと涙が出てきた。
すぐに抱き上げ、号泣した。
『ごめんね。いっぱい、いっぱい頑張ったね。痛み取ってあげられなくてごめんね』と言いながら抱きしめた。
あの激痛と闘ったとは思えないほど穏やかな顔のせいん。
おとやんに、最期のときの説明を聴いた。
10時半過ぎ頃R先生と連絡が取れ、事情を説明。
貧血もあるから輸血しましょうとの事。準備もあるので明日の朝一番でと言われたらしい。
おとやんは『明日までもたないと思う』と告げると、R先生は『そんな状態なんですか?』とビックリしていた様です。
すぐに連れてきて麻薬パッチをもう一つ貼り、痛みを取ろうと言う事で病院に向かった。
車の中でも弱弱しく鳴いていたせいん、おとやんが撫でながら運転し、病院に到着する直前に鳴いて呼吸が止まったように感じたので、急いで病院に入りR先生に説明。
R先生も『止まってますね、心臓はまだ動いてる』と言って強心剤を注射して聴診。
『今心臓も止まりました。』と言った。
R先生が管を入れますか?と言われたけど、おとやんがもういいです。と言って死亡確認。
私が帰るまでなんとか無理にでも生かし、一緒に看とれる様にと思ってくれたみたいです。
その後、先生としばらく今までのカルテを見ながら、『本当にせいん君は頑張りましたね、本当に良く頑張った。前足の治療でS先生がまだ居た頃から頑張ってたんだね』といっぱい褒めてくれたそうです。
そして、私の心配を・・・
かりんを失い、診察室でもほとんど喋る事ができず、おとやんが居る時にしか通院できなくなってしまっていた。
それが1周忌を迎える少し前から、一人で通院に行ける様になった。
診察室でも『最近、やっと笑顔で話してくれる様になったのに』と心配してくれていたとの事。
本当にありがたいです・・・そして心配させてしまってすみませんm(__)m


最期のとき・・・3へ

拍手[0回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
せいんdays
マウスオーバーで本文見れます(^-^)
せいんプロフィール
*script by KT*
2006.11.10
大学病院にて
関節リウマチと診断され
闘病中です。

2016.1.20
リウマチになって約10年
いっぱい頑張って
お空にお引越ししました。
享年13歳と9か月
最新コメント
[02/02 かりんママ]
[01/31 みみたん]
[01/24 かりんママ]
[01/24 かりんママ]
[01/22 そらママ]
[01/21 kikuママ]
[01/10 かりんママ]
最新記事
(02/02)
(01/24)
(01/20)
(12/20)
(11/20)
最新トラックバック
管理人プロフィール
HN:
かりんママ
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) せいんのSlow Life ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++