忍者ブログ   
admin
  リウマチになったせいん・・・
                       
   
今日でせいんがお空に引っ越しして2か月。
本当に早い・・・

今日は暖かな横浜です。
すっかり春です。
朝から飼い主は歩け歩けして、お花を買ってきたよ。
春らしいお花でしょう?せいん。
「だからオレは食べ物がいいって言ってるだろぉ~」と言われそうだけど・・・(笑)



写真を撮り始めるとお邪魔してくる姉妹。


なんかね、せいんが居なくなってから余計にこの羊毛せいんにせいんが入った様に見えます。
やっぱ可愛いなぁ~

今でもね、毎日せいんの事は話に出るよ。
もちろんかりんの事もね。

さて、今回の写真は昔のHPの日記で使用した事ある写真だけど、せいんの面白写真。
お姉ちゃんのかのんに追いかけられ、体当たりされてせいんがこけるシーン
最後のこけてる写真のせいんの表情に注目です(笑)
まるで漫画の様なシーンと表情です。

手前せいん、後ろがかのん


追いつかれ体当たりされたところ


せいんの顔とこけた時の衝撃でお尻が上がってるのが笑える写真です。
いつも穏やかそうでイケメン(親ばか)のせいんですが、こんな三枚目なとこあったんです(笑)

2003.12.4 1歳8か月目

リウマチ前はボール遊びに興味の無かったせいんは、同じくボール遊びに興味のないかのんといつも一緒に散策隊であちこち散策しながら走ってました。
可愛いなぁ~・・・全てが愛おしい。

そうそう
狂犬病の案内が来ちゃった…
電話してせいんが亡くなった事を伝えて畜犬登録を抹消して貰った。
これで書類上もせいんはお空にお引越しだ…

拍手[0回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
笑える~(///∇///)
せいん君 大転倒!!!
アニメ見てるようなズッコケ方だわ(笑)
かのんちゃんが気にせず無視して駆け抜けちゃう所が笑えるけど、
そのかのんちゃんの後ろ姿をちゃんと見ているせいん君も可笑しい~!
それにしても凄い転び方で痛くしなかったのかな?

もう2ヶ月もたつんですね…
せいん君何してるかな~

そら何故か少しずつまた歩けるようになって
調子がいい時はトイレも自分で行けるようになりました。
歩き方は凄く辛そうなときがあるけど頑張ってくれています(*^^*)
そらママ 2016/03/21(Mon)18:36:43 コメントの編集
     
              
 
2か月早いです
そらママさん

せいん笑えるでしょう?
かのんの「してやったり」みたいな表情も面白くて。
いつもこうやってじゃれあったました。
せいんがリウマチになって今までの様に走れなくてもせいんの調子が良いのを見極めているように遊びに誘ったり。
ワンコ同士は色々解るのかもしれません。

そら君、歩けるようになってきて良かったですね。
少し症状が進んでも、その体をどうすれば動かせるか解ってくると上手に動けたりします。
凄いですねワンコって。
これからも自分で歩ける状態が長く続く事をお祈りしてますね。
かりんママ 2016/03/22(Tue)20:41:48 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
せいんdays
マウスオーバーで本文見れます(^-^)
せいんプロフィール
*script by KT*
2006.11.10
大学病院にて
関節リウマチと診断され
闘病中です。

2016.1.20
リウマチになって約10年
いっぱい頑張って
お空にお引越ししました。
享年13歳と9か月
最新コメント
[02/02 かりんママ]
[01/31 みみたん]
[01/24 かりんママ]
[01/24 かりんママ]
[01/22 そらママ]
[01/21 kikuママ]
[01/10 かりんママ]
最新記事
(02/02)
(01/24)
(01/20)
(12/20)
(11/20)
最新トラックバック
管理人プロフィール
HN:
かりんママ
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) せいんのSlow Life ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++