忍者ブログ   
admin
  リウマチになったせいん・・・
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
今回は1週間での通院
薬の調整をどうするか・・・

今日はA先生。
先日の血検の結果を元に薬を増薬するかどうか
CRPの結果は上昇傾向ではなく前回と同じ数値と言う事、白血球や赤血球他の数値に問題が無い事
は今の1/3量のまましばらく継続する事になった。

体重は4.44㌔
散歩で結構歩くのと、前回体重が戻った事で気持ちフードを減らした事で減ってた
やはり、皆と同じ量をあげたままで大丈夫そう・・・
今日からまた戻します。

昨日の散歩では、いつもノーリードで公園内を自由に走っていた芝犬H君に久々に遭遇
でも、変わったことが一つ。
我が家の姿が見えたら飼主さんちゃんと呼び戻してリードを付けて自分の座ってるベンチに座らせてた。
良かった良かった(^。^;)ほっ
我が家はH君には噛まれた事ないけど、他の子は噛まれた事ある子が数いるからね
それでも、家の4はH君がいる事で興奮~
せいんはいつもの土の部分で走る走るC= C= \(;・_・)/
H君の居る所に行こうとしてる勢いです(笑)
4回歩いたけど、ほとんど走る状態だったよ
これは良くも悪くもH君効果と言えるでしょう(爆)

先日のYBMでのボール遊びのせいん。

拍手[0回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
こんにちはー。
ノーリードwanって怖いんだよねえ…
くろさん、基本は一人っ子のお嬢ちゃま(笑)なので、
噛み付かれたら無抵抗で天国行きそうだよ…(;д;)
飼い主がちゃんとしてくれて良かったね。
こういう時って、
やっぱりかりんちゃんがいちばん強いのかなあ。
「アンタ、うちの子達に何すんのー!!」みたいな?
せいん君がとても元気そうで嬉しい♪
お薬、また少しずつ減らせていくといいですね〜。
みみたん URL 2009/06/10(Wed)19:30:30 コメントの編集
     
              
 
こんにちは♪
ノーリードは怖い時あるよね・・・(^^ゞ
家は実際に2度噛まれた事あるし(-_-;)
かのんは目のすぐ下を噛まれた傷が今も残ってますぅ!
H君は公園中を自由にしていて、何処の植栽の影から出てくるかわからないから
きょろ('' )( '') きょろしながら散歩しなくちゃいけなかったのよ(*_*)
なので、ちゃんとしてくれて良かったわ♪
この日だけかもしれないけど(*≧m≦*)ププッ
子供の危機にはかりんは強いですよ!
昔もラブラドールに子供が挨拶してたら、離れた所からすっ飛んできて体当たりしてたし(笑)
でも、基本は怖がりなタイプなので大きい子にはビビリ吠えします(^^;)
せいんは元気ですよぉ~
薬はのんびり減らせるチャンスを待ちます(^^)v
かりんママ 2009/06/11(Thu)12:31:09 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
せいんdays
マウスオーバーで本文見れます(^-^)
せいんプロフィール
*script by KT*
2006.11.10
大学病院にて
関節リウマチと診断され
闘病中です。

2016.1.20
リウマチになって約10年
いっぱい頑張って
お空にお引越ししました。
享年13歳と9か月
最新コメント
[02/02 かりんママ]
[01/31 みみたん]
[01/24 かりんママ]
[01/24 かりんママ]
[01/22 そらママ]
[01/21 kikuママ]
[01/10 かりんママ]
最新記事
(02/02)
(01/24)
(01/20)
(12/20)
(11/20)
最新トラックバック
管理人プロフィール
HN:
かりんママ
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) せいんのSlow Life ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++