忍者ブログ   
admin
  リウマチになったせいん・・・
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
2006年11月10日大学病院でリウマチと診断される
・最初の2週間はステロイド一日2錠2006年11月17日1週間後診察(大学 病院)
・CRPの数値正常値に近くなる・残り1週間2錠飲んだ後1錠に減らす指 示。(3週間)
 ★この時、「もし1錠にして症状が出るのであればすぐに1錠増やして 下さい」と言われ、次回の診察までの日にち分、余分に(3週間一日1 錠)渡される。【症状は現れなかったので、1錠のまま次回診察へ】

2006年12月8日3週間後診察(大学病院)
・CRPの数値正常値になる。
・このまま1錠を2週間投薬後、いつもの病院にてステロイド微調整2006 年12月21日2週間後(いつもの病院)
・大学病院で余分に頂いたステロイド(1錠3週間分)を半分にして0.5 錠を無くなるまで投薬。(12/22より0.5投薬)
・2007年1月いっぱいは0.5錠の投薬
・2007年2月2日より0.25錠(1/4錠)
・2007年3月19日より若干症状が出たので0.5錠に戻す
・2007年4月11日より0.25錠に減らし、様子を見る
・2007年5月2日より、若干症状が出たのでステロイド0.25錠のまま免疫抑 制剤隔日1錠投薬本日現在、非常に順調です。

ステロイドは副作用の怖い薬ですが、『免疫性の病気』であるリウマチのせいんにとっては進行を食いとめる魔法の薬です。
もちろん副作用の恐怖はいつでも付きまといますが、副作用と進行を食い止める薬量のバランスがとれていれば良いと思います。
もし、症状が出てしまえばステロイドの量は増えると思いますし、我が家としては増える恐怖よりも、症状が抑えられる事とせいんが辛くなく過ごせる方が良いと思っています。(免疫抑制剤も同様)
確かに、ステロイドや免疫抑制剤を飲まなくても症状が出なければそれに越した事は無いとは思ってますが・・・
完治する薬が開発されればなぁ~
それを気長に待ちながら病気と上手にお付き合いしていきますか=3

拍手[0回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
せいんdays
マウスオーバーで本文見れます(^-^)
せいんプロフィール
*script by KT*
2006.11.10
大学病院にて
関節リウマチと診断され
闘病中です。

2016.1.20
リウマチになって約10年
いっぱい頑張って
お空にお引越ししました。
享年13歳と9か月
最新コメント
[02/02 かりんママ]
[01/31 みみたん]
[01/24 かりんママ]
[01/24 かりんママ]
[01/22 そらママ]
[01/21 kikuママ]
[01/10 かりんママ]
最新記事
(02/02)
(01/24)
(01/20)
(12/20)
(11/20)
最新トラックバック
管理人プロフィール
HN:
かりんママ
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) せいんのSlow Life ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++